トップページ>自動車リサイクルに対する考え

自動車リサイクルに対する考え

コマゼンの環境問題に対する取り組み

リサイクルをもっと身近に

皆さんは日本における年間の廃車台数がどのくらいあるかご存知ですか?

なんと年間400万台以上もの廃車があると推定されています。現在では約80%が様々なリサイクル業者により再生されています。日本では循環型社会を目指し、具体的には自動車リサイクル法が2005年1月1日に施工されました。同法では自動車のリサイクル率を2015年に95%まで引き上げることを目標としています。

コマゼンではこうした循環型社会構築のための動きを牽引していけるような企業になるため、自動車部品のリサイクルを初めとした様々な視点から環境問題を考察し、積極的に環境保全の運動に参加していきたいと考えております。また少しでも多くのお客様に現在のリサイクル部品の品質の高さや、皆様の需要に迅速に対応すべくしっかりと管理された在庫情報などを知っていただくことにより、安心して便利にご利用していただけるよう心がけて参りたいと考えております。

当HPにより、リサイクルをもっと身近に感じていただき、皆様自身も環境のため、地球のために環境保全の輪に参加していただければ幸いです。

▲ 上へ戻る

自動車リサイクルとリユースで守る大切な地球資源

みなさんは“リユース”という言葉をご存知でしょうか。
リユースとは、一度使用して不要になったものをそのままの形でもう一度使うこと。言葉を変えるなら“まだまだ使えるのに使わなくなってしまったもの”を“ありのまま再使用すること”です。

中古部品、リサイクル部品の販売拡大/クルマを解体しやすい構造にしてリサイクルを用意に

私たちコマゼンでは、廃車となった車の部品を素材として分解・再利用するリサイクルとありのまま再使用するリユースにより限りある資源を有効活用し、皆さまと共に歩み発展する「トータルリサイクルカンパニー」として、地球の未来を創るリサイクルパーツをお届けします。

▲ 上へ戻る

リサイクルパーツの生産過程と商品化

リサイクルパーツの生産過程と商品化イメージ

入庫した使用済車両は、厳しいプロの目による現車チェックと、商品化可能な部品の選別から始まります。使用済車両を分解し、必要な部品のスチーム洗浄、厳正な機能検査を実施します。
点検・性能検査に合格したリサイクルパーツは、整備工場での作業性を考慮し、納品後すぐに取付作業のできる状態に仕上げ梱包されます。これらの商品はすべてオンラインシステムに登録され、倉庫に保管されます。

▲ 上へ戻る

会社概要

会社概要

お問い合わせ

自動車パーツの購入、廃車買取、リサイクルバッテリーの購入、その他事故車の修理などのご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

株式会社コマゼン

〒498-0066
愛知県弥冨市楠1-26-2
TEL:0567-68-4182(代)
FAX:0567-68-4183